0120-92-8421フリーダイヤル LINE 予約前の注意事項
【診療時間】9:00~12:30 / 14:15~18:15【休診日】水・日・祝 ※土曜は8:30~12:00 / 13:30~17:30

ブログ

お子さんの歯 豆知識

虫歯予防のためのシーラントとは?

奥歯って歯の咬む面って溝が深くて凸凹してますよね?

そういう小さな溝の中にむし歯菌が入ったままになってしまうとむし歯の原因になってしまいます。

 

生えたてで弱い歯の深い溝をきれいに掃除してから、樹脂で溝を埋めて、

歯みがきをしやすくしてムシ歯になりにくくしてあげる予防処置をシーラントと言います。

ムシ歯の治療と違って、歯を削らず溝を埋める処置になります。

しかもシーラントの材質は、フッ素徐放性という性質があります。

 

なんだか聞き慣れない言葉がでてきましたが、どういう事かというと、、

周囲にフッ素が多い時にはとシーラントは自分の中にフッ素を取り込み、

周囲にフッ素が少なくなると今度は貯め込んだフッ素を少しずつ周囲に吐き出すという

働きをしてくれるのです

 

シーラントは歯の凸凹を埋めて歯みがきがしやすくなるだけでなく、

フッ素を吐き出して周囲の歯の質も強くできるという事なんです

 

お子さんの大事な歯を削ることなくムシ歯の予防ができるので、

是非多くの人に知って頂きたい予防処置になります。

 

特に6歳臼歯と言って

6歳位から一番奥の乳歯のさら奥に生えて来る永久歯がありますが、

その6歳臼歯はしっかり歯が生えきるのに1年~1年半

お子さんの歯並びによってはそれ以上かかる場合もあります。

 

しかも生えはじめの歯は、まだ歯がしっかり石灰化して硬くなりきっていない未熟な状態なので

特にムシ歯になりやすいです。

 

歯の石灰化と言うのは、歯が唾液の中のカルシウムやリン、フッ素などを取り込んで行って

徐々に硬く、酸に溶けにくい歯になって行く変化です。

 

歯は、食事の度にちょっとずつカルシウムなどが溶け出ているのはご存知でしょうか?

生えたての歯はまだ弱いですが、

溶けて、再石灰化をして それを繰り返していくことで徐々に強い歯に成熟していきます。

 

その再石灰化の時に口の中に少量でもフッ素があると再石灰化しやすくなります。

なので、シーラントをしてむし歯菌が入りにくくすることと、

フッ素が高濃度で配合されている歯磨き粉は、虫歯予防にとても効果的です。

 

 

 

ぜひ、お子さんの大切な歯を守るために、シーラントとフッ素を上手に利用してくださいね

ページトップへ