0120-92-8421フリーダイヤル LINE 予約前の注意事項
【診療時間】9:00~12:30 / 14:15~18:15【休診日】水・日・祝 ※土曜は8:30~12:00 / 13:30~17:30

選ばれる理由

お子さんの将来の健康を考え、真剣にお手伝いいたします!

広島の小児歯科【いけがみ小児歯科】では、お子さんの笑顔と成長を見守る歯科医院として、幅広い治療に対応します。
我が子には、将来ムシ歯に苦しむことなく、快適で幸せな人生を送ってほしい……そんなふうにお考えの保護者の方が、
お子さんと一緒に楽しく通える歯科医院が当院の目標です。
広島で小児歯科をお探しの際は、お気軽にお問い合わせください。

当院の12の特長

01
当院のキャラクター、「ハリー」「ナッツ」「アッキー」

お口の健康を守るにはこの3つ(3匹)が力を合わせることが大事です。お子さん達にも分かりやすいように3匹のキャラクターを設定しています。予防の主役はもちろんお子さん自身。

当院に来られるお子さんは
みーんなナッツです!

02
中四国初!?の歯医者さんでの「えいごリトミック」が楽しい!

「お子さん達に歯医者に行くのが楽しみになってもらいたい。」
「仕上げみがきができるようになってもらいたい。」
「横になって口を開けれるようになってもらいたい。」
そんな想いから、0歳~4歳前後のクラブナッツ会員のお子さんを対象に平日の10時~11時「えいごリトミック」を行っています。
音楽に合わせて体を動かしたり、遊んだりしながら段々歯みがきの練習をして行きます。
保護者の方々に好評です(^^)

03
ワクワクの待合!ようこそ「リトルナッツタウン」へ

小さいお子さんが喜んで来てくれるような
”こんな小児歯科見たことない”
そんな内外装にこだわっております(^^)
院内には当院キャラクター
「ハリー・ナッツ・アッキー」のお店屋さんのある町「リトルナッツタウン」があります♪

歯医者が怖くてどうしてもダメだったお子さんも一度見学に来られ、「ここなら行ける」と来ていただき、
今でもリラックスして治療ができるようになりました(^^)

会員制の
ムシ歯予防クラブ
「クラブナッツ」

詳しくはこちら

04
リラックス治療!笑気麻酔

嫌がるお子さんを無理やり押さえつけることなどせず、できるだけ優しくムシ歯を治してあげたいと考え、当院では幼いお子さんや強い恐怖を抱いているお子さんに、「笑気麻酔」を使用して治療を行っています。
笑気麻酔は、酸素に笑気(亜酸化窒素)という無臭の気体を混ぜ、鼻から吸い込んで行う麻酔法で、お子さんでも無理なく使える、安全性が高い麻酔です。痛みがある、患部が腫れてしまっているなどといった緊急性がないお子さんの場合、日常生活の改善を図っていただきながら、笑気麻酔の使用ができるようになるまで様子を見ることをおすすめしています。

笑気麻酔の良いところ

笑気麻酔の最大のメリットは、不安を和らげてくれるということです。治療に対する恐怖や不安が緩和されることで、麻酔が効きやすくなったり、痛みの感じ方が軽減されたりすることにつながります。 また、もう一つの大きなメリットは、「えずき(嘔吐反射)」を抑えられることです。お口の中を触られると「オエッ」とえずいてしまうお子さんでも、安心して治療できます。

治療が怖くなくなる!さらなる工夫

当院の笑気麻酔の装置には、お子さんが馴染みやすいように、キリン、ウサギ、クマのかわいらしいカバーを被せています。治療が怖いと感じているお子さんこそ、当院にお越しください。
どうしても嫌がって、頑なに口を開けようとしないお子さんでも、当院なら大丈夫。治療を急ぎたい場合や、他の歯科医院では治療が難しいお子さんでも、いけがみ小児歯科なら大丈夫。県内だけでなく県外からも、ムシ歯の治療のために当院に訪れるお子さんもいらっしゃいます。

05
しっかり治療!ラバーダム防湿

歯の神経の治療を行う場合、バイ菌が入ってしまわないよう、唾液をしっかりと避けて治療を進めていく必要があります。そのために有効なのが、「ラバーダム」を使用しての治療です。
ラバーダム防湿とは、治療する歯の周りにゴム製のバリアを設けて行う治療です。当院では、通常の詰め物を入れるときにも、ラバーダムを使用しています。
メリットとしては、

  • 削る時の水がのどの方に流れて行くの防ぎ、細菌が体の中へ入らないようにできる
  • 舌を避けて治療できるので、傷つける心配がないのでより安全な治療が可能

が挙げられます。
何よりも最大のメリットは、唾液をよけて治療できるため、治療しづらい奥歯へも正確に治療することができ、また唾液に含まれるバイ菌による感染が防げるなど、より衛生的で精密な治療が可能になることです!
ラバーダムを用いた治療をしてくれる医院はあまりありません。
他の地区から転居して来られた方で、当院を選ばれた理由が
「ラバーダムをしてくれる医院を探していたから」という方もおられました!

06
当院オリジナル!麻酔時の痛みを減らす工夫

蚊は針を刺す際、相手に痛みを感じさせないよう、針を細かく振動させているのをご存じでしょうか?
振動を与えることによって末梢神経を刺激し、脳への疼痛伝導路を遮断することによって痛みを感じにくくできるという考えを「ゲートコントロール説」といいます。
当院は逆転の発想からこのゲートコントロール説を応用し、他院にはない当院オリジナルの手法でお子さんの麻酔時の痛みを減らす工夫を行っています。
もちろん痛みを減少させるため、電動注射器・表面麻酔・33G(ゲージ)の非常に細い歯科用注射針を用いております。 さらに笑気麻酔を併用することで、今までにない、麻酔時の痛みの減弱が可能となります。(緊張していると痛みを感じやすくなります)

07
短時間で痛みが少ない治療!レーザーオペ

短時間で痛みの少ない治療を可能にしているのが、レーザーです。
当院では、お子さんに安心と安全をお届けするため、レーザーオペを行っております。
特に舌小帯がきついお子さんや、サ行やラ行などの発音が難しいお子さんには、
5歳までにレーザーを使用した治療を推奨しております。
笑気麻酔が可能なお子さんであれば、2歳から治療することが可能です!

詳しくはこちら

08
線量が少ない!オール デジタルレントゲン

デジタルレントゲンは従来のフィルム現像タイプと比較し、1/3~1/10の少ない線量で撮影が可能になりました。
当院はすべてデジタルレントゲンを採用しております。

歯科レントゲンの安全性について

日本人は平均年2.4mSv(ミリシーベルト)の放射線を自然界から受けています。
放射線にはこの量を超えると影響が出始めるという境界線(2500mSvで一時的不妊症など)
があります。
が、微量だとかえって放射線量が高い地区に住む人の方が発がん率が低いという報告も複数あり、僅かな線量でも影響があるのか、それともないのかは実はまだ分かっていません。
世界には日本の10倍の放射線量の地域もありますが、健康被害の報告は出ておりません。
顎全体を映すデジタルパノラマレントゲン1枚の線量はおよそ0.003mSv(ミリシーベルト)です。

09
無意識にお子さんの行動を変えていく工夫!

DVDを見ながら診療が受けられますが、当院は何事もお子さんに自分で選んでもらうのが 大事だと考えています。
ですからDVDも自分で好きなものを選んでもらいます。
(予約時間の5分前に来院されたお子さんに限ります)
DVDは診療室へと続く通路の先に置いてあり、DVDを選ぶため自然と診療室へ誘導されます。
選んだDVDは診療チェアのモニターに映し出されますので、そこまで来ないと見れません。
そして、DVDの音声は診療チェアのヘッドレストから出ます。
ゴロンと横にならないと聞こえにくいので、お子さんがチェアに横になってくれやすくなります。
診療室に誘導する仕掛けは他にもあります。

※コロナ感染症対策として現在DVDの選択はお休みさせていただいております。

お子さんが待合室から診療チェアで横になるまでの仕掛け

診療中、お子さんが魔法のスティックをコップに近づけて、「えいっ」と声を掛けると・・・魔法が掛かり、メロディーとともに水が出ます! そんな小さな楽しい!を感じてもらうことが、リラックスして治療に臨んでくれるために大事なことだと当院では考えております。
そのため、設備的な工夫以外にも、
麻酔を痛がるお子さんには・・・
「ちょっと痛かったけど頑張れたね、さっすが○○ちゃん!」
嫌がるお子さんには・・・
「すぐ終わるから」ではなく「○○までには終わらせよう!」
治療が終わったお子さんには・・・
「先生にムシやっつけてもらってよかったね!」
「ムシをやっつけると気持ちがいいね」
「この前より○○できるようになったね、お姉さん嬉しいなー」
など、声掛けにも好ましい方向にお子さんの行動変容を促す配慮をしております。

そのほかにも、お子さんの協力度に応じて数を数えながら、歯みがきや歯の切削中に意図的に間を入れ、呼吸をコントロールする手法を取り入れるなど、 こうした何気ないところでも日々疑問を抱き、講演会参加などを通じ心理学的・行動科学的側面から今も改良を重ね続けています。

※コロナ感染症対策として現在魔法のスティックはお休みさせていただいております。

10
怖がりさんに配慮!当院のユニフォームとマスク

白衣が苦手なお子さんも安心して来てもらえるように、白衣なしで当院オリジナルのユニフォームを着用しています。
また、院長は普通のマスクと使い分け、通常は表情の分かるマスクを使用しているので、マスクをしている顔が怖いなと感じるお子さんにも安心して治療に臨んでもらえる工夫をしています。

11
秘密の仕掛けがたくさん!

ムシ歯予防は主にオープンスペースにて行われますが、ムシ歯治療などは主に通称「Cルーム」にて行われます。
Cルームは業務用大型空気清浄機の備わる処置用に隔離された、よりクリーンなお部屋です。
泣いてしまうお子さんもCルームなら、あまり他のお友達の目に触れることなく治療が可能です。
また、Cルームの他にも、診療室、待合室に業務用大型空気清浄機が備え付けられています。
インフルエンザなどの感染症対策や、喘息・アレルギーなどをお持ちのお子さんにもよりクリーンな空気を提供しています。
当院では、あの歯医者さん特有の嫌な臭いがほとんどしないので、あの臭いがダメだったお子さんに是非来ていただきたいと思います。

そのほかの院内の仕掛け

クリーンな空気を提供したいから当院は、トイレや待合室までオール床暖房! また、トイレにはお子さん用の小さな便器も用意しているので、お子さんにも保護者の方にも どの部屋でも安心・快適に過ごしてもらえる仕掛けがあります。

12
CTによる気道検査を無料で実施!

お子さんが口呼吸をしていると、歯並びが悪くなってしまったり、かみ合わせがうまくできなくなってしまうケースがあります。口呼吸は口を開けている状態なので、アゴの力があまりつかず、結果的に口だけでなく身体にも良くない影響を与えてしまいます。
そこで当院では、「正しい呼吸」を知っていただくため、まずはCTを活用して気道がどんな状態になっているのかを無料で検査しています。
お子さんの歯並びや、呼吸の仕方が気になる場合は、ぜひ一度当院までご相談ください。

ページトップへ