0120-92-8421フリーダイヤル LINE 予約前の注意事項
【診療時間】9:00~12:30 / 14:15~18:15【休診日】水・日・祝 ※土曜は8:30~12:00 / 13:30~17:30

ブログ

コラム

急いだ方がいい子どもの歯並びは?

子供の歯並びが気になるけれど、今すぐ始めるべきなのか悩んでしまう方も多いと思います。

今回は緊急性が高い歯並びとはどんな歯並びなのかについてお話していきます。

 

一番緊急性のある歯並びは、歯並びが原因で上下の歯が強く当たってしまい、

「一部分的の歯だけてきてしまっていたり、歯茎が下がってきてしまっている歯並び」です。

乳歯のうちは隙間のある方が良いのですが、乳歯のうちから前歯がガタガタ生えて来た子

歯が部分的に受け口になってしまった場合に多いに多いです

 

前歯が部分的に受け口、特に1本だけ受け口になってしまっている子の場合は

その歯に過度に力が加わり、歯が揺れてきて、歯を支えている骨がどんどん溶けてきてしまい

歯茎が下がってきてしまうということが起こります

 

一度下がってしまった歯茎は、矯正をして歯並びは治ったとしても元に戻すのは難しいので、

その歯はどうしても寿命が短くなってしまいます

 

 

次に早めの治療をお勧めするのは「奥歯の受け口」です。

歯が揺れたりはしていなくても、顎を少し広げてあげる矯正は、

顎の骨の成長を促す処置になるので、小学生低学年で始める必要があるからです。

 

普通歯並びって「イー」ってした時、

上顎の歯が下側の歯より外側に並んで見える。それが正常な状態です。

 

それが奥歯で逆になっている、

下の奥歯の方が外側に出ているのが「奥歯の受け口

奥歯は受口になっていても気づきにくいかもしれませんが、、

 

歯並びはお口の筋肉とも関係して並ぶので、おしゃぶりを長くしていると、

上顎がほっぺたで押されて幅が狭くなってしまって、

そのせいで奥歯が受け口になってしまう場合があります。

 

奥歯が一方だけ受け口になっていると、左右対称でない顎に

下顎の中心も奥歯が受け口になってしまった側にズレてしまうので

顎だけでなく、左右対称でない歪んだ顔になってしまう

その歪みは、成長とともにどんどん顕著なものになって行ってしまう恐れがあります

 

 

そのため、仕上げ磨きなどのときに気づた場合は、できるだけ早く歯医者さんを受診されることがお勧めです

 

 

ページトップへ