0120-92-8421フリーダイヤル LINE 予約前の注意事項
【診療時間】9:00~12:30 / 14:15~18:15【休診日】水・日・祝 ※土曜は8:30~12:00 / 13:30~17:30

ブログ

お子さんの歯 豆知識

転んで歯が折れてしまったら?

転んで前歯をぶつけてしまったといって来院されるお子さんは意外と多いです。

転んだ拍子に唇を切ってしまうと、たくさん血が出るので、

パニックになってしまうこともあるかもしれません

 

そんな時に慌てずに対応できるように、ケガをした時の対処法をお話していこうと思います!

 

まず、確認していただきたいのが、

・受傷時に「意識を失った」「頭部をひどくぶつけている可能性がある」

・受傷後「目の焦点が合わない」「吐き気がする」「まっすぐ歩けない」

などがある場合は、歯科よりも先に頭部の検査を優先してください!

 

頭部に問題はなかったけれど、

歯が抜けたり、欠けたりしてしまった場合は、歯科に連絡して頂ければと思います。

 

もし、歯が根っこごと抜けてしまったという場合は、

そばにいた親御さんに、していただきたい処置があります

 

一般的には30分が、歯がくっつくかどうかの分かれ目と言われています。

 

 

 

乳歯が抜けてしまった場合、

歯を抜けた場所に戻すか戻さないかは意見が分かれるところではありますが、

上手く行けば乳歯でも歯を元に戻せる可能性があります。

 

これを成功させるにはポイントが

それは歯の根っこの周りに付いている「歯根膜」という薄い膜を、

どれだけ乾燥させず傷つけないかという点です。

 

歯の根っこの部分には大事な歯根膜があるので、

触らないよう歯の頭の部分を持ちます。

 

ひどく汚れた所に落ちた場合は、

歯根膜に触れないように、弱い流水で水道水ですすいでください。

 

注意点は水道水には消毒のための塩素が入っているのですすぎは10秒程度に留める様にしましょう。

牛乳やミネラルウォーターがあれば水道水よりもそちらですすぐ方がより良いです。

 

水道水に含まれる塩素は歯根膜を傷つけるので、汚い場所でなければ、

すぐ保護者の方が口の中に入れ乾燥を防いだ方が良い。という意見さえあり、水道水でのすすぎ過ぎには要注意のようです!

 

 

 

 

一番良いのは専用の歯の保存液に入れて持ってきて頂くのが理想ですが、

ご自宅に常備されている方は、なかなかいらっしゃらないので、

身近なもので、保存液の代わりになるのが、牛乳です。

 

牛乳の優れた点は

殺菌消毒されていて、pHだったり浸透圧が体液に近く、何よりも入手しやすい点

牛乳は冷蔵庫で6時間位歯根膜を活かしておく能力があるそうです。

 

 

 

 

ちなみに、歯の上の先端が欠けたなど、歯根膜の付いていない歯のカケラを牛乳に入れて来ても意味はないので、

ティッシュに包んで持ってきて頂いて大丈夫です。

 

 

 

 

 

ページトップへ