0120-92-8421フリーダイヤル LINE 予約前の注意事項
【診療時間】9:00~12:30 / 14:15~18:15【休診日】水・日・祝 ※土曜は8:30~12:00 / 13:30~17:30

ブログ

お子さんの歯 豆知識

あの善玉菌を増やしたくありませんか?

前回はプロバイオティクスについてお話しました。

腸内であの善玉菌を増やしたくないですか?

ひょっとしてあのコラムを見て、

お子さんの健康よりも痩せ菌の方が気になったお母さんもおられるのではないでしょうか?(笑)

そんなお母さん方に耳よりな情報です!

 

腸内で善玉菌を増やす方法があるとしたらどうされますか?

放ってはおけないですよね。

そこで今回は腸内であの善玉菌を増やす方法についてお話します!

 

それは「プレバイオティクス」と呼ばれるものです

プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

非常に似た言葉ですよね。

 

ちょっとおさらいですが、

プロバイオティクスは人由来の善玉菌を指します。

その善玉菌を直接体内に取り込んで腸内フローラ*を改善し免疫力を高め、

できるだけ薬に頼らないで健康になろうというものでした。

痩せる以外にもアレルギー体質の改善や、

ムシ歯菌の減少といった効果も期待できる優れものでしたよね!

 

 

 

 

*腸内フローラとは

腸内フローラ

様々な細菌が種類ごとにグループを形成して、腸の壁面で生きています。

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が種類ごと集まって咲いている

「お花畑(flora)」のように見えることから、色々な細菌の種類ごとの集まり

{細菌(さいきん)叢(そう)}を『腸内フローラ』と呼ぶようになったそうです。

 

 

プレバイオティクスとは

プレバイオティクス(prebiotics)は善玉菌そのものではなく、

その善玉菌を積極的に増やすような食べ物の成分を指します。

ちなみに「pre 」は「前に」という意味があるんですよ。

 

もう少し詳しく言うと

① 大腸にいる有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する

② 大腸の腸内フローラを健康的なバランスに改善し、維持する

③ 大腸に行くまで分解・吸収されない

④ 人の健康の増進維持に役立つ

これら4つの条件をすべて満たす食品成分を指すそうです。

 

 

「プレバイオティクス」って具体的にはどんなもの? 

何を食べたらいいの?

ではプレバイオティクスって具体的にはどんなものなのでしょ?

全く新しいサプリメントみたいなもの?

気になりますよね。

プレバイオティクスはオリゴ糖類水溶性食物繊維類が代表的なものです。

 

 

オリゴ糖と言ってもこんなに種類が

一口にオリゴ糖といっても沢山の種類があります。

 

オリゴ糖には、

果糖を原料とするフラクオリゴ糖

乳糖を原料とするガラクオリゴ糖

麦芽を原料とするイソマルトオリゴ糖

キシランを原料とするキシロオリゴ糖

イヌリンを原料とするイヌロオリゴ糖

テンサイを原料とするラフィノース

大豆を原料とする大豆オリゴ糖

乳糖を原料とするラクチュロース

があります。

 

中には○○オリゴ糖というような名前の付かないオリゴ糖もあるんですね(^-^;

 

 

プロバイオティクスと プレバイオティクス

オリゴ糖を多く含む食品は、

大豆、アスパラガス、ごぼう、玉ねぎ、キャベツ、ネギ、とうもろこし、はちみつ、バナナ、牛乳などです。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品は、

ライ麦、ブロッコリー、ごぼう、大豆、サツマイモ、こんにゃく、ひじき、切り干し大根などです。

 

 

食物繊維は皮の部分にも多いんですよ。

リンゴやニンジンも皮つきがおススメですよ!

(余談ですが、ごぼうは皮をむいてしまうとせっかくの香りが無くなってしまいます

ごぼうは皮をむく必要はないんですよ)

 

ごはんも、白米より玄米の方が6倍の食物繊維があるそうです。

 

 

 

大腸の善玉菌のエサとして届くためには…

お子さんの健康を考えると今後は…

当院の考える新しいムシ歯予防の提案!

大腸の善玉菌のエサとして届くためには

オリゴ糖や食物繊維などの難消化性の栄養成分が必要だったんですね。

 

そのことからもお子さんのおやつなどは、

ムシ歯予防のために砂糖を控えるというだけでなく、

善玉菌を増やすためにもすぐ消化されてしまうような加工食品を控え、

上記のようなゆっくり消化されて大腸まで栄養が届く食材を選んであげたいですね。

そうすることでお子さんの体質改善が期待できるかもしれないですね。

(痩せ菌も増えるかも 笑)

 

今後はこうした観点からも

当院ではお子さんの食育のお手伝いをしていきたいと考えています!

 

 

当院とオリゴ糖の意外な関係⁉

皆さんにはあまり聞き慣れないイソマルトオリゴ糖だったと思いますが、

実は当院では馴染みのある食品なんです!

 

当院ではムシ歯菌を減らすヨーグルトを

ヨーグルトメーカーで作ってスタッフみんなで食べています。

(連休後はちょっと中断してしまっていますが…汗 (;^_^A )

 

そのヨーグルトを作る時に乳酸菌のエサとして

イソマルトオリゴ糖を牛乳に入れているからです。

院長がヨーグルトの作り方をネットで調べ、ドラックストアで買って来たそうです。

 

 

知ってる人はもう使ってる

ドラッグストアに並んでいるということは

知ってる人はもう使ってるイソマルトオリゴ糖だったんですね!

ページトップへ